2017年12月23日土曜日

立面・断面を探せ!

立面・断面記号はどこに?

平面ビューには、作成した立面や断面の記号や切断線が表示されます。ところが、立面・断面にはいくつもの表示条件があり、なかなか見つからない場合があります。また立面図を作成しようとしたら警告が表示されて、立面記号が表示されないこともしばしばあります。
非表示になっている理由までは教えてくれませんね・・・
なぜ立面や断面が平面に表示されないのか?あなたが探している断面記号はなぜ表示されないのでしょう?チェックポイントは次の通りです。

基本の「き」=リビールしてみる

まずは、平面ビューで[非表示要素の一時表示]をしてみます。
リビールで見つかればいいのですが…
これで立面・断面が見つからなかったら、断面図と平面図のビューのインスタンスプロパティをチェックしてみましょう。

断面ビューのチェックポイント

立面・断面ビューのインスタンスプロパティをチェックします。

1. 表示限界スケール

断面を表示させたいビューと同じかそれよりも粗いスケールを指定します。たとえば表示限界スケールを1/100にすると、1/1~1/100の平面図には表示されますが、1/200の図には表示されません。
表示限界スケール(この場合1/1~1/100に表示される)
1/100には表示されるが…
1/200からは表示されない

2. 専門分野

断面を表示させたい平面ビューと同じにします。ここは結構落とし穴で、平面ビューの専門分野が建築、断面の専門分野がコーディネーション以外の専門分野(構造・機械・電気・給排水衛生設備)などとなっていると、断面が平面ビューに表示されません
専門分野は平面と断面で同じにしておきましょう

平面ビューのチェックポイント

1. 表示/グラフィックスの断面図カテゴリ

基本中の基本ですが、まずはここからチェックします。
  1. [表示]タブ>[グラフィックス]パネル>[表示/グラフィックス]
  2. [注釈]タブで[断面図]カテゴリにチェックが入っていることを確認する。
    さすがにこれは大丈夫ですよね。

2. ビューをトリミング/トリミング領域を表示

特に立面記号ですが、トリミング領域の外にあるとその立面記号や断面記号は表示されません。トリミング領域が非表示になっていると特に気が付きにくいので、立面図・断面図を探すときはトリミングをオフにし、トリミング領域を表示しておきます。
トリミングを解除してチェックしてみましょう。

3. 表示/グラフィックスの[フィルタ]タブ

フィルタに引っかかって表示されていないということも考えられますので、フィルタの内容を吟味します。フィルタには[断面図][立面図]のカテゴリも含むことができます。立面・断面を対象としたフィルタが設定されていたら要注意です。
ビューのフィルタも作成可能

まとめ

まとまめますと、次のようになります。
  1. 断面図の[表示限界スケール]
  2. 断面図と平面図の[専門分野]
  3. 平面図の表示/グラフィックスの上書き&注釈タブ
  4. 平面図のトリミング領域
  5. 平面図の表示/グラフィックスの上書き&フィルタタブ
  6. 最後に「全体表示」
5ステップでチェックしてみてください。必ず立面・断面記号が見つかります。また、プロジェクトブラウザで目的の立面・断面をミグクリックして[参照ビューを検索]も利用してみてください。
参照ビューの検索







0 件のコメント:

コメントを投稿