2017年10月14日土曜日

国土地理院再び~地形との合体

地形と道路・川の合成

基盤地図情報を使って、地形・道路・河川を合体してみます。
上高地・河童橋周辺をRevitで作ってみました
手順は
  1. 基盤地図ビューアで標高データと道路河川のデータを取得
  2. 標高の座標データ(.xyz)ファイルを作成
  3. 道路と河川のSXFファイルを作成しDWGに変換
  4. DWGと座標データを移動する。
  5. (2)を使って地形を作成
  6. (3)を使ってサブ領域を作成
  7. (5)にマテリアルを割り当てる

です。長いので前半と後半の二回に分けて説明します。

1. 標高データと道路河川建物データの取得

まず、基盤地図情報サイトへアクセスし、必要な情報を集めます。「数値標高モデル」をクリックし、地形を作成したい場所へ移動します。
あまり詳細なデータは必要ないので、検索条件で「10mメッシュ」「10B地形図の等高線」を選択します。
DEMタブで10mメッシュ>10Bを選択
「基本項目」タブをクリックし、検索条件指定で水崖線、建築物の外周線、道路縁を選択し、同じ区画を選択します。
必要な区画の数字をクリックして選択>ダウンロードファイル確認へ
「ダウンロードファイル確認へ」>「すべてチェック」>「まとめてダウンロード」で必要に応じてログインしてファイルをダウンロードする。
全てチェック>まとめてダウンロードでPackDLMap.zipを落とす

2. 標高座標データと道路・河川のベクトルデータ取得

基盤地図ビューアを起動し、ファイル>新規プロジェクト作成で、ダウンロードしたPackDLMap.ZIPファイルを指定して新しくプロジェクトを作成します。
すでに読み込むファイルに何かある場合は解除ボタンで解除し、
追加でダウンロードしたZIPファイルを指定する
OKで読み込み、必要な部分を拡大します。
目的の個所を拡大
エクスポート>矩形領域選択 で必要な部分を囲む。
エクスポート>矩形領域選択
エクスポート>標高メッシュをシェープファイルに出力 で出力先ファイルを指定するときに、ファイル形式を「」テキスト形式IDXYZ(*.xyz)」を選択してOKし、XYZ形式のファイルを作成。
XYZ形式のファイルを作成

3. 道路・河川・建物のDWGデータの取得

エクスポート>エクスポート で変換種別をSXF(SFC)ファイルとし、必要な項目にチェックを入れてSXFファイルを作成する。
変換種別SXF、水崖線、建物の外周線、道路縁に✔
設定された領域の要素のみを選択しフォルダを指定してOK
作成したSXFファイルをAutodeskCALSToolsで開き、前回のやり方でDWGファイルに変換する。

4.XYZとDWGの座標を移動する。

Revitで作成できるモデルのサイズは決まっています。あまり大きいとデータを読み込んだ際にRevitは中心付近(0,0,0)にデータを移動しようとします。そこで、あらかじめ、xyzファイルとdwgファイルの位置を移動しておきます。まず3.でSXFファイルから変換したDWGファイルをAutoCADで開きます。
AutoCADで開く
IDコマンドで画面の真ん中あたりをクリックして座標をチェックします。
中心付近の座標をIDコマンドで調べる。
この座標の情報をもとに、全体を移動して中心付近に移動します。この図の例でいれば
X = -77676251.0210     Y = 27940232.8157なので、切りのいいところで

X = 78,000,000 mm
Y = -28,000,000 mm

だけ移動して中心付近に移動します。

次に、座標データ(*.xyz)をエクセルで開きます。開き方はこちらを参考にして次の手順を実行してください。

  1. A列を削除
  2. A列とB列を入れ替え
  3. 1行目に空の行を挿入
  4. D1にXの移動値(-78000)、E1にYの移動値(28000)を入力
  5. D2に「=A2-$D$1」、E2に「=B2-$E$1」とし、D、E列の残りのセルにコピーして計算する。
  6. D2::E(最終行)を選択し、右クリック>コピー
  7. A2を選択し、値を貼り付ける。
    値を貼り付ける
  8. D、E列を削除
  9. D1に「=MIN(C2:C最終行番号)」を入力し、Zの値の最小値を探す。
  10. D2に「=C2-$D$1」とし、D列の残りのセルに値をコピー。
  11. D2:D最終行番号をコピーして、C2以下に値を貼り付ける。
  12. D列と1行目を削除
  13. 名前を付けて保存でCSVファイルとして保存する。
    整理された座標データ

5. Revitに読み込む

どんなテンプレートで開始してもいいのですが、ここでは建設テンプレートを使ってプロジェクトを開始したとして手順を説明をします。

  1. 平面図>外構
  2. マス&外構タブ>外構を作成パネル>地盤面
  3. ツールパネル>読み込みから作成▼>点ファイルを指定 で作成したCSVファイルを指定。
  4. メートルを指定してOK
  5. 地盤面パネル>✔
  6. 全体を表示
出来上がった地形

次回は、DWGを読み込んで、サブ領域で道路や川を作ります。

0 件のコメント:

コメントを投稿