2017年7月30日日曜日

改訂(2)

強制的に改訂を表示する

シートの改訂プロパティ
改訂はシートに配置しているビューに、改訂に関連付けられた雲マークがあれば自動的に改訂表に表示されますが、雲マークがなくても強制的に改訂表に表示することができます。シートビューのプロパティ「シートの改訂」の編集ボタンをクリックすると下の図のようなダイアログが開きます。
チェックを入れれば強制的に表示される
すでに雲マークがある改訂はグレーになっていますが、任意の改訂にチェックを入れれば、改訂表に表示することができます。

改訂表の行数は固定

しかしながら、図面枠に仕込んだ改訂表は、集計表をシートに配置したときのように分割することができません。つまり行数=表示可能項目数が決まっています。
改訂表の表示項目数を超えて改訂が生じたら?
では、改訂がシートの改訂表の行数以上になるとどのように表示されるのでしょうか?
答えは、最新のものから表示可能項目数分だけ表示されます。図面枠に対して縦に改訂表を入れることができればある程度の項目数を表示できますが、図のように横型の場合は表示数が限られてしまいます。シートの改訂プロパティで改訂10までチェックを入れてみると
新しいものだけが表示される
このように新しいものから表示項目数分だけ表示されます。

改訂の行数を可変にする

スペースを気にせず、とにかくすべてを表示したい場合は、ファミリエディタで図面枠のファミリを作るときに、改訂表の外観プロパティで高さを「変数」にしておきます。
高さを変数にしておく
図面枠のスペースさえ気にしなければ、すべての改訂を表示することができます。
表の高さは改訂の項目数に応じて増えていく

改訂を発行する

改訂が修正されるなどして、状況がFIXされたならば、改訂を「発行」して、雲マークや改訂タグなどをロックすることができます。
表示タブ>シート構成パネル>改訂
いったん発行にチェックが入ると、雲マークを削除したり、内容を変更したりすることができなくなります。
発行された改訂に関する雲マークは編集できません。
ただ、改訂のチェックを外せば、元通り編集できるのであまり強力なロックとは言えないので注意が必要です。

改訂雲マークの非表示

改訂の表示で「なし」を選択すると雲マークやタグを全てのビューで非表示とすることができます。
雲マーク・タグをすべてのビューで非表示にできる。
たとえば、改訂作業が終わった改訂は、雲マークを非表示にしてもいいでしょう。雲マークは表示されていないだけなので、いつでも復活させることができます。

0 件のコメント:

コメントを投稿