2017年5月14日日曜日

RUTS2017 更新

集計表EXCEL出力

RUTS2017に新たなコマンドを追加しました。右のリンクまたはここからダウンロードできます。今回は集計表のデータをそのままエクセルに出力するコマンドです。

【使い方】


  1. EXCELを開いておきます。
  2. Revitで集計表のビューを開きます。
  3. RUTSタブ>EXCELパネル>集計表EX出力
    集計表EX(CEL)出力
  4. Excelに新しいシートが作成されて、集計表の情報が出力されます。
    集計表がそのまま一瞬でエクセルに出力されます
大変安直ですし、テキストファイルに出力して、エクセルで読み込めば同じことができるのですが、様々な設定の手間が省けるし、一瞬でエクセル化できるので、よりお手軽ではないかと思って作成しました。
ただし、このコマンドで出力したエクセルのデータを集計表に戻すことはできませんのでご注意ください。

CH寸法

これは少し前のバージョンからあったのですが、断面図や展開図で天井高の寸法を作成するコマンドです。

【使い方】

  1. 立面ビューまたは断面ビューを開きます。
  2. RUTSタブ>作図パネル>CH寸法
    CH寸法
  3. 天井・屋根または床を選択すると直下の床(レベルではありません)まで寸法が作成されます。天井または屋根を選択した場合は、作成された寸法に「CH」が接頭辞として追加されます。
    天井を選択するとCH寸法、床を選択した場合は寸法だけが作成されます。
  4. [ESC]で終了。
ちょっとしたコマンドですが、天井を選択するだけでCH寸法が作成できますし、いちいち天井や床の面を選ぶ必要がないので、ストレスがなくてよいのではないかを思います。
選択した面の真下に床がない場合は寸法は作成されません。

ぜひお試しいただき、ご意見をお寄せください。

0 件のコメント:

コメントを投稿