2016年9月4日日曜日

躯体モデルチュートリアル(6) ふかし(2)

壁のふかし

断熱材などの関係上、壁の一部をふかさなければならないことがあります。この場合は壁を切断して、ふかし付きの壁タイプを作成します。右のリンクから「躯体モデル_50」をダウンロードして練習してみましょう。
壁のふかし
(1) 1階見上のビューを開いて、壁を切断します。[修正]-[要素を分割]で、適切な位置で壁を切断します。
壁を分割
(2) ふかしたいほうの壁を選択し、[タイプを編集]
(3) 適切な名前(ここでは(R)RC150/25/25)をつけて、[構造]の編集ボタンをおして、下図のようにレイヤを設定します。このとき注意することは、構造を[下地]にし、適切なマテリアルを設定することです。
レイヤの設定
(4) 壁の端部をすこしだけドラッグすると、包絡されます。
端部を「気持ち」ドラッグすると結合する

躯体の線が破線で表示されている理由

1階見上のビューでは、壁の躯体のラインが破線で表示されています。これは、壁のサブカテゴリ「共有エッジ」がオブジェクトスタイルで「HA02」の破線に設定されているからです。
壁の共有エッジの線種パターン

スラブ段差

段差補強を伴うような段差は「スラブの段差補強」の回で説明しました。同様に今回は単純な矩形の補強で200mm程度の段差を作ってみます。

(1) 1階床伏図を開きます。右下のX2-X3とY1-Y2間にはすでに異なる段差でスラブが作成されています。この2枚のスラブを選択し、
[修正|床]-[検索ボックス]をクリックし、3Dビューを表示します。
検索ボックスで表示
(2) プロジェクトブラウザで[ファミリ]-[プロファイル]-[pスラブ段差矩形]の[150x150]を右クリックして[複製]し、名前を「150x200」とする。
(3) 複製した「150x200」をダブルクリックして、タイププロパティをD:200、W:150とする。
プロファイルを設定
(4) プロジェクトブラウザで[床]-[スラブエッジ]-[スラブ段差150]を右クリックして複製し、名前を「スラブ段差200」とする。
(5) ダブルクリックして、タイプパラメータを下図のように設定する。
プロファイルとマテリアルを設定
(6) 作成した「スラブ段差200」をビューにドラッグドロップして、上側のスラブの下端を3か所クリックすして、スラブエッジを作成する。
上のスラブの下のエッジを選択
(7) 作成できたら、スラブエッジと下側のスラブを「結合」しておく。

梁の上端ふかし

梁の上端をふかして、スラブとの段差を埋めます。このふかしは「ふかし」の回で紹介したファミリを利用します。

(1) [建築]-[コンポーネント]で「ふかし_矩形」を選んで、インスタンスパラメータのDの値を200に。
Dの値を段差とおなじ200に
(2) [配置]-[面に配置]を選択し、梁の上面を選択して配置。
梁の上面を指定して配置
(3) 「1階床伏」ビューを表示して、各ふかしの形状ハンドルをドラッグしてサイズと位置を修正。
ふかしの位置とサイズを調整

ふかし厚

ふかし部分の厚さをタグで表示してみましょう。

 [注釈]-[カテゴリ別にタグをつける]を選択し、オプションバーの「引出線」のチェックを外して、ふかしをクリックして、タグ「ラベル_ふかし」を配置。
ラベル_ふかしを追加


レベルを入れる

ふかしの厚さよりも、天端レベルを表示したいこともあります。

(1) [注釈]-[指定点高さ]で、タイプセレクタから「相対レベル」を選ぶ。
(2) オプションバーの引出線とショルダにチェックを入れる。
(3) ふかし部分と、ふかしていない部分にそれぞれタグを作成する。
指定点高さの記入
3Dビューで形状を確認しましょう。
3Dビューで確認

Revitで作業スピードを上げるには

Revitでの作業では常に「モデルを修正するという意識」が大事です。モデルを修正すれば図面は勝手についてきます。
また、「仕事中に試行錯誤をしない」ということも大事です。Revitはいろいろできるので、一つのモデリングをするにも様々な「解」が存在します。あいまいな部分は「コレ」というやり方を定める、いわば定番のモデリングを定めることが重要です。

みなさん、ぜひコメントにこういったモデリングがいつもあいまいなんだけど。。。。という部位をお知らせください。

たとえば

  • パラペット
  • エキスパンションジョイント
  • バルコニー
  • 防水立ち上がり
  • 屋上目隠し
  • ハト小屋


などなど。定番のモデリングを皆さんの代わりに私が探って記事にいたします。

2 件のコメント:

  1. 躯体のふかしについて、詳しく解説していただき、ありがとうございます。【ふかし_矩形.rfa】は仕事で活用させていただいています。

    「定番のモデリング」についてお尋ねします。

    よくあるRC造のマンションのバルコニースラブと一体のRC手摺壁モデリングについて。
    図を貼れたらよいのですが、構成を文字で記します。
    以下の内容で躯体をイメージいただければ良いのですが・・・。

    (1)キャンティレバーのバルコニースラブは元端と先端で厚さが異なる
    (2)バルコニースラブ先端に立ち上がるRC壁は外部側がタイル張り
    (3)RC手摺壁の天端と下端に外装タイルの曲がり役物が取り合う
    (4)バルコニースラブ先端、手摺壁取合い根本に排水側溝用ヌスミ
    (5)RC手摺天端は内側に向かって水勾配付き
    (6)RC壁とスラブ下端のタイル取り合い部はヌスミあり
    (7)RCスラブ下端に水切り目地(目地棒でヌスム)

    上記の条件で、いくつかやり方を変えて試した結果、現時点で私個人の『定番のモデリング方法』を記します。

    【1】キャンティレバーのスラブは、床で作成後、側溝部として折れ線を追加しサブ要素を修正して先端部の厚さおよび側溝深さを表現 。スラブを定義する領域先端は手摺壁厚さの内側まで。

    【2】スラブ先端部下端のヌスミと水切り目地は、スラブエッジ(スラブハンチ)としてプロファイルを作成してスラブ先端部に造形。

    【3】スラブエッジの上に手摺壁を設置してジオメトリを結合。

    【4】RC手摺天端のヌスミと水勾配のテーパーは、それぞれ壁のリビール(化粧目地)で削る。

    上記も図で見ていただけるなら、すぐにわかる内容だと思うのですが、文章表現が上手くなくて申し訳ありません。

    造形だけなら、インプレイスマスで壁とスラブを一体化してスイープで長さを調整するのが簡単で、最初はそれも試しました。PCaの部材を定義するなら、これはアリかとも考えました。

    壁はスイーブ(化粧目地)が使えますが、スラブにはスイーブ(化粧目地)機能が無かったので、スラブ下端のヌスミと水切り目地の部分まで「壁」で作ることも試しました。
    しかし、躯体数量積算のこともあり、「床」と「壁」の区分を明確にしたモデリングが前提条件のため、現時点の私の定番モデリングは上記の【1】~【4】の手順に落ち着きました。

    これがベストとは考えていませんが、あまり試行錯誤を繰り返すのもどうかと思い、現時点ではここまでです。

    誰がやっても簡単で間違いの少ない、ベストな方法があれば教えていただければ幸いです。

    返信削除
  2. すみません。
    リビールと書くべき部分をスイープと書いていたりで、用語が間違っている部分があります。適宜読み替えてきださい。

    返信削除