2016年6月26日日曜日

塗り潰しパターンをつくる

オリジナルの塗り潰しパターンを作るには?

Revitの塗り潰しパターンはAutoCADのpatファイルと定義方法は同じで、メモ帳さえあれば作成できます。タイルパターンを作りながら、定義の仕方を見てみます。

メモ帳を開いたら、先頭行に

;%UNITS=MM

と入力し、この定義がミリ単位であることを宣言します。次に「*(アスタリスク)」に続いて、パターン名を入れます。

*パターン名

次に、パターンが「製図」ならば

;%TYPE=DRAFTING

「モデル」ならば

;%TYPE=MODEL

とします。これは塗り潰しパターンの以下の部分に相当します。
塗り潰しパターンのタイプ
ここまではもう「お決まりのパターン」ともいうべき部分です。まとめると、

;%UNITS=MM
*馬目地100×50
;%TYPE=MODEL

となります。

タイリングパターンを読む


ここからは、タイルパターンの作成に入ります。基本的な書式はカンマ区切りで

  1. 角度
  2. 始点X
  3. 始点Y
  4. オフセットX
  5. オフセットY
  6. ペンUP
  7. ペンDOWN
を1行ずつ記入します。とはいってもこれだけでは何のことやらさっぱりわかりません。そこで、まず下の図を見てください。
馬目地を読む!
このタイルパターンは何本のセグメント(線)の繰り返しでできているか考えてみてください。答えは3セグメントです。これは以下の図に示す、赤、青、緑のセグメントの繰り返しでできています。
実は3つのセグメントの繰り返し

では、この赤、青、緑のセグメントを記述していきます。

連続線のセグメント

赤のセグメントは、水平の無限線が50mm間隔で並んでいます。これを表現するには、


  1. 角度        0
  2. 始点X         0
  3. 始点Y         0
これは、「角度0で、(0,0)を通る線」という意味です。しかしこれでは線が一本しか書けません。これを何度も繰り返して描画させるために、次の描画の移動量を4,5で示します。
上の図を見ると、赤線はY方向に50mm移動しています。(X方向は移動していませんので0です。)
したがって、
  1. 角度        0
  2. 始点X         0
  3. 始点Y         0
  4. オフセットX  0
  5. オフセットY  50
となるため、メモ帳には

0,0,0,0,50

と記述します。

破線のセグメント

青と緑は50mmピッチの破線になっています。角度は90度であることは簡単に推測できるでしょう。
まずは青の線を考えてみます。

  1. 角度      90
  2. 始点X         0
  3. 始点Y         0
までは、いいと思います。問題は次のオフセットです。普通に考えると、X方向に100mm、Y方向に0mmと考えてしまいそうです。ところが、行の先頭で角度が90度と宣言しているので、これは下の図のように考えます。
オフセットは角度により考え方を変える
ですから、答えは
  1. 角度         90
  2. 始点X            0
  3. 始点Y            0
  4. オフセットX     0
  5. オフセットY  100
となります。そして、50mmごとにペンを上げたり下げたりするので、続けて
  1. 角度         90
  2. 始点X            0
  3. 始点Y            0
  4. オフセットX     0
  5. オフセットY  100
  6. ペンダウン    50
  7. ペンアップ   -50  (ペンアップはマイナスをつける)
メモ帳には

90,0,0,0,100,50,-50

と記述します。

始点をずらす


次に緑のセグメントを見てみると、青のセグメントの開始点が(0,0)ですから、(50,50)となります。
  1. 角度         90
  2. 始点X           50
  3. 始点Y           50
  4. オフセットX     0
  5. オフセットY  100
  6. ペンダウン    50
  7. ペンアップ   -50  (ペンアップはマイナスをつける)
したがってメモ帳には、青の線の始点X,Yを書き換えて

90,50,50,0,100,50,-50

とします。

パターンファイルを保存


さて、メモ帳は次のようになりました。

;%UNITS=MM
*馬目地100×50
;%TYPE=MODEL
0,0,0,0,50
90,0,0,0,100,50,-50
90,50,50,0,100,50,-50

これを、拡張子を「pat」として、任意のフォルダに保存します。これを実際に使ってみましょう。Revitを開いて

(1) [管理]-[設定]-[その他の設定]-[塗り潰しパターン]
(2) パターンタイプで「モデル」を選び「新規作成」
(3) [カスタム]を選び、[読み込み]を押して、保存したpatファイルを指定。
カスタムパターンを読み込む
(4) そのままOKする。

以上で、カスタム塗り潰しパターンを利用することができるようになります。





0 件のコメント:

コメントを投稿