2016年5月2日月曜日

構造柱(2) タグ

構造柱タグの作成

タグに表示するパラメータは共有パラメータでなければなりません。「複数のファミリで共有するパラメータ」という意味です。前回の構造柱(1)では、柱サイズのパラメータに共有パラメータを用いたので、タグに表示することができます。

Step by Step

(1) [R]-[新規作成]-[ファミリ]でテンプレートは「注釈」-「一般タグ(メートル単位).rft」を選択する。
(2) [作成]-[プロパティ]-[ファミリカテゴリとパラメータ]で「構造柱タグ」を選択しOK。
カテゴリを変更
(3) 赤い字を削除。
(4) [作成]-[文字]-[ラベル]を選択し、プロパティウィンドゥの[タイプを編集]をクリック。
(5) 下の図を参考に、ラベルのタイプを設定する。
ラベルのタイプを設定
(6) 参照面の交点あたりをクリック。
(7) [カテゴリパラメータ]から「タイプ名」をクリックして[]をラベルパラメータに追加。
ラベルの編集
(8) ダイアログボックス右下の[パラメータを追加]ボタンを押して、[共有パラメータ]-[選択]で「柱X」「柱Y」を選択して追加。
共有パラメータを追加
(9) 「柱X」「柱Y」を下の図のようにラベルパラメータに追加して、下の図を参考に接頭表記や分割を設定する。
ラベルパラメータの設定
(10) 名前を付けて保存します。(ラベル_構造柱.rfa)
完成した柱タグ

タイプの作成

ふかしのパラメータを追加して、複数のタイプを作成します。
Step by Step
(1) (8)の手順で共有パラメータ「ふかし上」を追加し、下の図のように書式を設定して配置します。
共有パラメータを追加して、書式を設定する
ラベルを追加
(2) 同様に、「ふかし下」「ふかし右」「ふかし左」を追加する。
(3) ふかしの4つのラベルを選択し、プロパティウィンドゥの[表示]の関連付けボタンを押し、パラメータ[ふかし]を追加。
表示のパラメータ「ふかし」を追加
(4) 「標準」と「ふかし」のタイプを、それぞれ「ふかし」パラメータをOFF、ONとして作成する。詳細は「RC梁を作成する(3)」で述べていますので参考にしてください。
タイプの作成

使ってみる

それでは実際に構造柱に対してタグを作成してみます。 プロジェクトにタグのファミリをロードして、[注釈]-[タグ]-[カテゴリ別にタグをつける]を選択し、オプションバーの[引出線]のチェックを外し、構造柱をクリックします。
タグでプロパティを表示

さらに、タイプを「ふかし」に変更すると・・・
ふかしを表示
タグを作成することで「インプレイス」でふかし寸法をコントロールできるようになります。

サンプルデータ

A360ドライブにデータをアップロードしておきました。特に制限はありませんし何かあっても責任は負いません。時折、バージョンアップしていきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿