2016年3月13日日曜日

曲面ガラス

曲面ガラスはどうつくる?

下の図のような曲面ガラスをもったカーテンウォールを作成してみましょう。カーテンパネルは平面のみですが、一工夫すれば、このような曲面のカーテンウォールが作成できます。
曲面ガラスをつかったカーテンウォール (リアリスティック表示)
種明かしをすると、この図のパネルは「ガラスのマテリアルをつけた薄い壁」で作成しています。パネルでないところが引っかかるといえばひっかりますが、カーテンウォールのパネルにはカーテンパネルだけではなく、壁も設定することができるという機能を利用しています。

カーテンウォールの作成

(1) 図のように円弧のカーテンウォールを作成します。この時点では、定義は円弧でもカーテンウォールは直線形をしています。
この時点では曲がっていない
(2) 次にいくつかのグリッドを作成します。だいぶ曲線に近づきましたが、まだパネルは直線形状をしています。
まだカクカクしています。
(3) ここで、パネルを任意の壁に取り換えてみます。この時点で、曲面の壁になっていることがわかります。パネルは平面だけですが、壁ならば曲面の壁が作成できます。
(4) 次に、壁タイプを複製して、下の図のような薄いガラスのマテリアルをもつ壁を作成します。
厚さ10mmでガラスのマテリアルで構成された壁を作成
(5) これを(3)のカーテンパネルに割り当てると、曲面ガラスの壁ができます。
ガラスの「壁」をパネルに設定したところ
(6) さらに垂直マリオンをグリッドに割り当てると「らしさ」が増します。
垂直マリオンを追加 (リアリスティック表示)

水平マリオンは?

水平マリオンを加えるとどうなるでしょうか?これはちょっと残念な結果となってしまいます。
マリオンも直線部材だった! (リアリスティック表示)
残念ながら、マリオンもまた直線部材でしかありません。そこで水平部材はマリオンではなく、「壁の造作材(旧名壁のスイープ)」で作成します。

プロファイルの作成

壁の造作(スイープ)にはプロファイルが必要です。
(1) [R]-[新規作成]-[ファミリ]で「プロファイル(メートル単位).rft」を選択。
(2) [プロファイルの用途]を「壁の造作材」に。
(3) マリオンの形状をスケッチし、名前を付けて保存したら、プロジェクトにロードします。
マリオン形状をスケッチ
(4) ガラス壁のタイププロパティを開いて、[構造]-[編集]を選択、左下の[プレビュー(P)>>]ボタンをクリックし、同じく左下に現れた[ビュー(V)]を「断面図:タイプ属性を編集」に設定。
ビューを断面図に
(5) [壁の造作材]をクリックし、[追加]をクリック、(3)で作成したプロファイルを設定する。プレビューを見ながら、[オフセット]の値を調整する。
壁の造作材のプロファイルを設定
以上で、壁の端部にマリオン(もどき)が作成されます。
曲線の水平マリオン (リアリスティック表示)


0 件のコメント:

コメントを投稿