2016年1月31日日曜日

ファミリ作成チュートリアル(5)~統合

ドアパネルのタイプを作成

(2)で作成したドアパネルを開き、複数のタイプを作成します。

Step by Step

(1) [作成][プロパティ][ファミリタイプ]を開き、次の値を設定。「新しいタイプ」ボタンをクリックして、名前を「スリットガラス」とし[OK][適用]を押す。
スリットガラス
(2) 同様に以下の二つのタイプを作成する。

小窓
(3) タイプを切り替えて、正しく形状が変化するかを確認する。
スリットガラス、小窓、框 の各タイプ
(4) 上書き保存する。

枠にパラメーターを設定する

(1) 前回作成した枠を「片開き扉 大枠.rfa」として保存。
(2) [作成][プロパティ][ファミリタイプ]をクリックし、パネル幅とパネル高さの「式」を以下のように設定する。

  • パネル幅=幅+2*戸当見付
  • パネル高=高さ+戸当見付-アンダーカット

(3) [挿入][ファミリエディタ][ファミリをロード]で「部品_ドアパネル(ガラス).rfa」を挿入。プロジェクトブラウザで複数のタイプがロードされていることを確認する。
スリットガラス、小窓、框の3タイプの存在を確認
(4) 「スリットガラス」をダブルクリックし、関連付けボタンを使用して以下のタイプパラメーターを、関連付ける。
パラメーターを関連付ける
(5) 下記のパラメーターの関連付けボタンを押して、「パラメータを追加」ボタンをクリックし、同じ名前のパラメータを、同じパラメーターグループに新規に作成し関連付ける。

  • 記号_ガラス_長さ
  • 記号_ガラス_間隔
  • マテリアル_ガラス
    マテリアルを新規作成して関連付ける

(6) (4)(5)を「小窓」「框」について繰り返す。なお、(5)についてはすでに追加されているパラメータ尾を選択するだけで、新規にパラメータを作成する必要はない。
(7) [作成][モデル][コンポーネント]でスリットガラスのタイプを適当な位置に配置する。
(8) 配置したドアパネルを選択し、オプションバーの[ラベル]から「<パラメータを追加...>」を選択する。
パネルを選択し、<パラメータを追加...>
(9) 名前を「パネル形状」、パラメーターグループを「その他」としてOK。
パネル形状
(10) [作成][プロパティ][ファミリタイプ]を選択し、その他グループの「パネル形状」パラメータを変更し、形状が変化することを確認します。

パネルの位置をロックする

ここまででパネルの幅などのサイズは正確になりました。最後にパネルを正しい位置にロックします。

Step by step

(1) 平面図を開いて、パネル厚パラメータが設定されている参照面の間にもう1枚参照面を作成しEQでロックする。
参照面(赤↓)を追加し、寸法を作成してEQでロックする。
(2) [修正][修正][位置合わせ]を使って、パネルの中心を左右方向、上下方向の中心にロックする。
中心をロック
(3) パネルのインスタンスパラメータ「オフセット」を「アンダーカット」に関連付ける。
オフセットを「アンダーカット」に関連付ける。
(4) 「ガラス記号反転表示」の関連付けボタンを押して、同じ名前、同じパラメータグループにインスタンスパラメータを作成する。
インスタンスパラメータを作成し関連付ける

開き勝手の設定

平面図の開き勝手を追加します。

Step by step

(1) 平面図を開いて[挿入][ライブラリからロード][ファミリをロード]で、(3)で作成した「記号_片開き_平面.rfa」をロードする。
(2) [注釈][詳細][詳細コンポーネント]で適当な位置に配置する。
(3) 配置した開き勝手を選択し、インスタンスパラメーター「記号_幅」を「パネル幅」に関連付ける。
記号_幅をパネル幅に関連付ける
(4) s記号_角度をパラメータ「記号_角度」をパラメーターグループ「拘束」にインスタンスパラメーターとして追加する。
インスタンスパラメータを追加
(5)  [修正][修正][位置合わせ]を使って、下の図を参考にしてロックする。
開き勝手をロックする

(6) [作成][プロパティ][ファミリタイプ]を開き、「記号_角度」の値を90にする。

動作の確認

以上で、一通りの設定が終了しました。立面図の開き勝手については、今回と(3)を参考に作成してみてください。
プロジェクトにロードして振る舞いを確認しましょう。
簡略と標準・詳細
幅や高さ、パネルの形状を変更してみてください。




0 件のコメント:

コメントを投稿