2015年10月31日土曜日

ファミリ(1)~3D DWGを取り込む(1)

自由なファミリデザインはREVITの最大の魅力

Revitの大きなメリットの一つに、「ファミリ(部品)をユーザーレベルで自由にデザインできる」という点があげられます。今回から、基本的なファミリの仕組みについて理解を深めていきましょう。まずは、既存の3Dデータを取り込んで作るところから始めます。
3D DWGを取り込んだファミリ

DWGデータの活用


既存の三次元DWG/DXFデータを使ってファミリを作成する効果的な手順を考えてみます。今回はTOTOのCOMETで提供されている3次元CADデータをサンプルとして使用します。


このサイトでは、TOTO製品の三次元CADデータが公開されています。この中から、住宅用の大便器を例にして、ダウンロードしたDWG/DXFを使ったファミリの作成法を考えてみます。

3D/2D DWGのダウンロード


今回は下の図の商品をサンプルにしてみます。
様々な衛生器具の3D/2Dデータが公開されているTOTOのサイト
モデルとして3Dデータを、図面表示用として2Dデータをダウンロードします。
3DはDXFデータを使う
平面図は簡単なDWG
立面図として正面図のDWG
側面もDWG

ファミリの作成

まずは「衛生器具(メートル単位).rfa」を使ってファミリを新規に作成します。そして
[挿入]-[CADを読み込む]
で3Dデータを読み込みますが、このとき、いくつか注意が必要です。

(1) 3Dとして取り込むので、「現在のビューのみ」のチェックを外す
(2) エッジを黒にしたいので「白黒」とする
(3) ミリメートルを選ぶ
オプションに注意

です。そして、挿入後適当な位置におきます。次に、読み込んだデータを適切な位置におくのですが、プレビューをきれいに見せるために、下の図のように、上向きにおきます。
上向きに配置する

これがけっこう重要なポイントです。こうしないとプレビューがいつも後ろ向きになってしまいます。

3D表示のコントロール

読み込んだデータはメッシュになっているので、これが平面図に表示されると厄介です。そこでこのモデルは3D以外では表示しないように設定します。よみこんだモデルデータを選択し、プロパティパレットの[表示/グラフィックスの上書き]の編集ボタンをクリックし、下の図のように設定します。
3Dビューでのみ表示

これで、平面図、立面図、断面図にはメッシュが表示されなくなります。

2D表示のコントロール

平面図の2Dデータ(DWG)を平面図に読み込みます。このとき読み込みのオプションは下の図のように設定します。
2Dのオプション
便器の平面図、正面図、側面図は平面図や立面図でしか表示しないのでそれぞれ、「現在のビューのみ」にチェックをいれて

  • 平面図 - 参照レベル    に平面図
  • 立面図 - 背面      に正面図
  • 立面図 - 右                 に左側面図

を挿入します。

次に挿入した2D-DWGを選択し、[読み込みインスタンス]-[分解]-[完全に分解]で分解します。

分解後の線分を選択し、サブカテゴリを「衛生器具」に変更します。
詳細線分のサブカテゴリを「衛生器具」に変更
分解直後の線分のサブカテゴリはAやPVとなっています。これらは読み込んだDWGに含まれるレイヤの名前です。そのままでは、プロジェクトに挿入した後の表示コントロールが面倒なので、ネイティブのサブカテゴリに変更しておきます。

モデル線分からシンボル線分に


分解直後の線分は「モデル線分」になっています。このモデル線分を選択して、[線種を変換]をクリックしてシンボル線分に変換します。シンボル線分は平面図や展開図など、2次元図面にのみ表示されます。
モデル線分を詳細線分に変換する
この時点で、多少線分を整理して、表現を整えておきます。
図面表現を見やすく整える。
これが横からの立面図に表示される
これで、二次元図面上での表現はOKです。

マテリアル

よく「読み込んだCADデータのマテリアルは変更できないの?」と聞かれるのですが、これはちょっといつもとは変わった方法で可能です。

3Dビューに切り替えて、シェーディングにしてみます。すると、下の図のように色がついた状態になります。
3Dビューでシェーディングにする
ここで[管理]-[マテリアル]を表示します。そうすると「レンダリングマテリアル-数字-数字-数字」というマテリアルがいくつか並んでいます。
レンダリングマテリアル
この「レンダリングマテリアル」は、DWG/DXFファイルを読み込むごとに作成されます。これはDWGファイル内のレイヤや要素の「色」を示しています。つまり、

「AutoCADの色」=「Revitのマテリアル範囲」

となります。試しに元のDXFをAutoCADで開いてみると下の図のようになっています。
AutoCADで開いてみる

読込CADデータのマテリアルを設定したければ、AutoCADなどで、オブジェクトに色を付けておけばいいのです。

次回は、この色ごとのマテリアルを設定します。

0 件のコメント:

コメントを投稿