2013年12月21日土曜日

カーテンウォール(4)~パネルを割り込まないマリオン

バックマリオン

今回参考にさせていただいているメタルポイントのカーテンウォールは三協アルミのメタルポイントグレージングカーテンウォール(http://buildingsash.net/product/curtain/21/217/mpg.html)の固定タイプです。
カタログや参考図をみると、メタルポイントは後ろの直径120mmの支柱に支えられています。この円形のマリオンはカーテンウォールの芯から300mm程オフセットしています。
そこで、円形のマリオンのタイプを複製して、次のような設定にしてみます。
半径とオフセットを設定する。

一見問題なさそうですが、これを縦のグリッドに割り当てると・・・
マリオンの厚さだけパネルとパネルの間に隙間ができる

長方形のマリオンや円形のマリオンでは、オフセットをどのように設定しても、必ずパネルの間に隙間ができます。

パネルを割り込まないマリオン

パネルを「割り込まない」マリオンを作成するにはどうしたらいいでしょうか?答えは前々回説明したようにオリジナルのプロファイルを作成すればいいのです。具体的に見ていきましょう。

Step By Step


  1. [新規作成]-[ファミリ]で「プロファイル - マリオン(メートル単位)」を選択します。
  2. 図のように、水平の参照面と交わらないように円を作成し、名前を付けて保存します。

中心(正面/背面)参照面とプロファイルの線が交わらないようにする。
このプロファイルをプロジェクトにロードし、円形のマリオンタイプを複製し編集します。下の図は円形マリオンのタイププロパティです。
プロファイルを作成したプロファイルに変更する
このマリオンを使えば、下の図のようにカーテンパネルを割り込まない、独立した支柱をマリオンとして作成することができます。
カーテンパネルを割り込まないマリオンの完成
カーテンウォールを使う場合、デザインをよく見て、マリオンとパネル、どちらに何を受け持たせるかを考える必要があります。また、パネルは複数のマテリアルを割り当てることができますが、マリオンは単一のマテリアルしか使えません。うまく使い分ければ、マリオンだけは木質系のカーテンウォールも下の図のように作成可能です。
アルミと木質のコンビネーションも可能
どこまでがパネルで、どこからがマリオンか、考えてみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿