2013年12月7日土曜日

カーテンウォール(3)~パネル

メタルポイントのパネルを作ってみる~その1

マリオンが自由に作れるようになったところで、今度はパネルを作ってみましょう。パネルは「ストレッチ可能な矩形」と思えばだいたいOKだと思います。そこで今回は四隅をメタルポイントで支えるタイプのパネルを作成してみます。
メタルポイントのカーテンウォール

作り方の方針

マリオンはプロファイル(外形線)のスイープ(引き伸ばし)ですから、メタルポイントには使えません。そこで、メタルポイントはパネルの四隅に作成します。
メタルポイントはパネルの一部として作成
四隅のメタルポイントは実際には上下左右のパネルにより表示されますから、左上か右上の一つだけを作成し、さらに表示非表示がインスタンスで切り換えられるようにしておきます。

Step By Step


  1. [アプリケーションマーク]-[新規作成]-[ファミリ]
  2. 「カーテンウォール パネル(メートル単位).rfa」を選択

ガラスの作成

最初からパネルの範囲を示す参照面が引かれているので、これを利用してガラスを作成します。よほど特殊な事情がない限り、参照面-中心(正面/背面)の前後に均等にガラス厚をとります。

Step By Step


  1. [立面図(立面図 1)]-[外部]を開きます。
  2. [作成]パネル-[フォーム]パネル-[押し出し]
  3. 矩形をスケッチし、上下左右の参照面にロックします。
    上下左右の参照面にスケッチラインをロック
  4. プロパティで押し出し終点を10、押し出し始点を-10、サブカテゴリを「ガラス」とし、合計2mmのガラスパネルとします。
  5. マテリアルを後から変えられるようにしたいので、マテリアルの右端の小さなボタンををクリックします。
    マテリアルにパラメーターを追加
  6. [パラメーターを追加]ボタンをクリックし、名前を「カーテンパネルガラス」としてOKを2回押し、修正|押し出しを作成タブのモードパネルの終了をクリックします。

メタルポイントの作成

上下左右の参照面に回転体を使って作成します。

Step by Step


  1. [立面図(立面図 1)]-[左]を開きます。
  2. [作成]パネル-[フォーム]パネル-[回転]をクリック。
  3. [作業面]パネル-[セット]をクリックし、作業面を「参照面:左」としOK
    回転体のプロファイルをスケッチする面を指定する
  4. 外形ラインを作成し、軸線を参照面にロックします。
    回転体のプロファイルと軸線を作成
  5. ガラスと同様にマテリアルにパラメーター「メタルポイント」を作成して終了します。
    完成したメタルポイント

表示・非表示のコントロールを追加

表示・非表示をインスタンスでコントロールできるようにします。こうすれば端部のパネルにおいて不必要なメタルポイントを非表示にすることができます。

Step By Step

  1. 作成したメタルポイントを選択
  2. プロパティのグラフィックスの表示のボタンをクリックします。
    表示にパラメータを追加する
  3. [パラメーターを追加」ボタンをクリック
  4. 名前を「メタルポイントの表示」、「パラメーターグループ」をグラフィックス、「インスタンス」を選択しOK。これで個々のパネルでメタルポイントの表示、非表示を切り替えらえるようになります。
以上でパネルが完成しました。
次回はマリオンを作成します。

0 件のコメント:

コメントを投稿