2013年11月23日土曜日

カーテンウォール(2)~マリオンの作成

マリオンの形状

カーテンウォールのマリオン(枠)は、外形線(プロファイル)をグリッドラインに沿ってスイープしたものです。下の図は三協アルミのARMSのシリーズ(http://www.arm-s.net/)の方立です。このプロファイルを作成する方法を見ていきましょう。

Step By Step


  1. [アプリケーションマーク(右上のR)]-[新規作成]-[ファミリ]
  2. プロファイル - マリオン(メートル単位).rfaを選択し開く

このテンプレートを使用すると下の図のようになっています。
ここで注意することは、

  • 水平の参照面-中心(正面/背面)参照面をガラス芯として作図する。
  • 下が外、上が内側として作図する。

の2点です。
特に重要なのが水平の参照面で、右上の注釈にあるように、この参照面と作成する参照面が交差する点までカーテンパネルが伸びてきます。この方立では下の図の水色の部分がガラスですので、この中心を水平の参照面に合わせて、プロファイル(黒色の線)を作成します。
ガラス(水色)中心を水平の参照面に合わせる
このプロファイルに名前をつけて保存します。

マリオンの作成

次にこのプロファイルを使ったマリオンを作成します。

Step By Step


  1. 目的のプロジェクトを開く、または新規に作成します。
  2. [挿入]タブ-[ライブラリからロード]-[ファミリをロード]で作成したプロファイルをロードします。
  3. プロジェクトブラウザで[ファミリ]-[カーテンマリオン]-[長方形のマリオン]を展開し、いずれかのタイプを右クリックし[複製]をクリックします。
  4. 長方形のマリオンのタイプを複製
  5. 適切な名前をつけ、ダブルクリックしてタイププロパティを開きます。
  6. [建設]セクションのプロファイルに作成したプロファイルをセットします。
プロファイルを変更する。
これでマリオンの作成は終了です。下の図はこのマリオンを使って作成したカーテンウォールです。
プロファイルを使って作成したカーテンマリオン

マリオンとガラスのつながり方に着目してください。ガラスパネルが目的の位置で納まっていることがわかります。
皆さんも、水平の参照面とプロファイルの交差位置に注意して色々なマリオンを作成してみてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿