2013年11月10日日曜日

カーテンウォール(1)

マリオン

カットアウトの説明で、外部フェンスの画像をご紹介しましたが、このフェンスは手摺ではなく「カーテンウォール」で作成しています。
カーテンウォールで作成したフェンス
前回紹介したグリッド天井もカーテンシステムの屋根で作成しています。
カーテンシステムで作成した格子天井
今回はカーテンウォールについて考えてみたいと思います。

マリオン

カーテンウォールは

  • マリオン
  • パネル

で構成される格子状の要素です。格子は「グリッド」で作成されます。まずはマリオンについてみてみます。マリオンは壁や床のようにシステムファミリであり、基本的にはプロファイル(閉じた線)を一方向にスイープしたものです。プロジェクトブラウザで[ファミリ] > [カーテンマリオン]を展開すると次のような6つのマリオンファミリがあります。
マリオンのファミリ
この6つのタイプは

  • 一般マリオン-------------円形・長方形
  • コーナーマリオン----------L字型・V字型・台形・四半円形

に分類されます。まずはコーナーマリオンにどんな種類があるのかを見ておきましょう。


  • L字型コーナーマリオン

L字型コーナーマリオン

  • V字型コーナーマリオン

V字型コーナーマリオン

  • 台形コーナーマリオン

台形コーナーマリオン

  • 四半円形コーナーマリオン

四半円形コーナーマリオン
これらのコーナーマリオンは接合角度によって形状が変化します。
接合角度で変化したL型コーナーマリオン
コーナーマリオンは上記のような一定の形状しかできません。一方で「円形マリオン」と「長方形」マリオンの二つは自由にプロファイルを定義できます。この二つのマリオンを上手に使えばかなり本格的なカーテンウォールが表現できます。
オリジナルのプロファイルで作成したマリオン
次回は自由なマリオンの定義方法について見てみましょう。

Revit Peeler MEP

ところで、Revitの設備モデリング機能について、別途ブログを開始しました。Revitが1BOXになって、意匠・構造・設備がすべて使えるようになりました。これを機会に設備モデリングを始めてみませんか。ぜひ一度こちらもご覧ください。

Revit Peeler MEP

0 件のコメント:

コメントを投稿