2018年10月14日日曜日

繰返詳細コンポーネント

詳細コンポーネント

折半の屋根断面や、LGSのスタッドなどの断面を詳細コンポーネントを使って表現することができます。詳細コンポーネントは2Dファミリですが使い方によっては作業を効率化することができます。
折板(ヨドルーフ166ハゼを参考にしました)
さらに、この詳細コンポーネントを、繰り返し詳細コンポーネントにすれば、ある一定の間隔で詳細コンポーネントを繰り返します。
繰り返しコンポーネント

作り方

まず詳細コンポーネントファミリを作成します。

  1. [ファイル]>[新規作成]>[ファミリ]で「詳細項目(メートル単位).rft」を選択。
  2. 必要な部分だけの詳細を、詳細線分を使用して作成します。
    繰り返し部分を作成
  3. 名前を付けて保存し、プロジェクトにロードします。
  4. [注釈]>[詳細]>[繰返詳細コンポーネント]
  5. [タイプを編集]をクリック。
  6. タイプを複製して新たに作成し、プロパティを設定します。
    繰り返し詳細コンポーネントの設定
    • [詳細図]には作成した詳細コンポーネントを設定
    • [レイアウト]は固定間隔
    • [間隔]は繰り返しの幅
    • [詳細図の回転]は90°反時計回り
  7. [OK]
  8. 2点をクリックして配置してみます。
たとえば、屋根だけでは断面図として物足りないという場合などは、詳細コンポーネントを使って表現を補完することができます。

メジャーとして利用

たとえばタイル割を考えるときには下の図のような詳細コンポーネントを作成し、
下の図ようなタイプを設定すれば
タイル割のメジャー
45二丁掛けのタイルの割付にも役に立ちます。
繰り返しコンポーネントは線分と同様に扱える

スタッドにも

詳細コンポーネントでスタッドを作成し
繰り返しコンポーネントとしてタイプを作成すれば
455mmピッチ
壁と合わせて以下のように表示することができます。繰り返しコンポーネントは線と同じ扱いなので、壁を選択すれば簡単に配置できますし、[要素を分割]で分割したり、[トリム]も簡単です。
コーナーには詳細コンポーネントを単独で配置しています

工夫次第で様々な使い方ができます。


2018年10月8日月曜日

鉄骨階段のササラ

ササラをなんとかしたい!

鉄骨階段をレベルでつなげる場合、どうしてもササラがうまく取り合いません。特に「納まりが苦しい階段」では、うーん、と考えてしまうような結果になります。階段は大筋ではよくできたツールですから、ササラの接続部をできるだけ簡単な方法で補完する方法を考えてみます。
ササラをできるだけきれいに納めるには?

側桁=ササラはスイープです

2FL~3FL 階高3600
1FL~2FL 階高4000

というレベルを設定し、それぞれ鉄骨階段を作成し、この二つの階段を2FLで接続してみます。
まずは、ササラ=側桁の設定です。
Revitは基本的にソリッドモデラーなので、基本的には「押し出し」と「スイープ」でいろいろな要素を構成しています。ササラもプロファイルを階段経路に沿ってスイープしています。単純な長方形プロファイルは、側桁のプロパティに「規定値」としてプリセットされています。
規定値とは矩形のこと

ササラはこのプロファイルを変更することでいろいろな形状に変更できます。今回は単純な矩形のプロファイルを作成し、プロジェクトにロードします。

ゆとりのない階段で試す

では段送りのない苦しい階段をモデリングしてみましょう。まずは1FLの平面ビューを開き下の図のように階段をスケッチします。
1FL-2FLの階段 余裕のない階段になっています
スケッチを終了しないで、続けて[コンポーネント]>[踊り場]を選択、1段目の位置から数段作成します。
レベル(2FL)側に踊り場を作成

この時点で、レベル側の踊り場が作成されるので、上記手順で作成した20+1などの経路を削除します。警告が表示されますが、無視します。3Dビューで状況を確認すると、下の図のようになります。
登り口のササラを削除
青で示したササラを選択してDeleteキーで削除します。
他のササラを選択して、タイプを編集し、断面図プロファイルをロードしたプロファイルファミリに変更します。
プロファイルを変更。奥行合計と幅はプロファイルの値となりグレーアウトする
踊り場の構造の奥行は踏板の厚さを40mmとして、

  • 300mm(ササラの高さ)-30(仕上面からササラの天端)-40(踏板厚)=230mm

としました。この設定が後で重要になります。

続いて

  1. [ツール]パネル>[手摺]で「なし」を選択
  2. [モード]パネル>[✔]で階段の作成を終了します。

同様に2FL~3FLの階段を作成すると、2FLのレベル側の踊り場と階段経路は下の図のようになります。
踊り場と階段経路の取り合いが今一つ
ここで修正すべき点として

  • 1FL-2FL階段の踊り場の形状
  • 2FL-3FL階段のササラの形状

まず2FL-3FLの階段を選択し「編集」に入って、経路を選択します。(TABキーをうまく使えば階段の編集モードに入らなくても、階段経路を選択できます。)
階段経路のインスタンスプロパティ[蹴上の基準より下に延長]を30mmとします。
こうすると、階段のササラの下端と踊り場のササラの上端がそろいます。
階段ササラの下と踊り場ササラの上を合わせる
編集モードを終了します。

踊り場形状の変更

この階段は転び(蹴込)を30mmに設定しています。そのため、階段と踊り場に隙間ができています。1FL-2FLの階段の踊り場形状を変更します。

  1. 1FL-2FLの階段を選択し、編集に入ります。
  2. 2FLの踊り場を選択
  3. [ツール]パネル>[スケッチを編集]
  4. 2FLの平面図で、転び(蹴込)の分だけ右にスケッチラインを移動します。
    踊り場形状を修正
  5. ✔を2回おして、階段の編集モードを終了します。
これで階段と踊り場の隙間は解消されました。
階段経路とササラの隙間は解消

ササラをインプレイスで追加

あとはインプレイスファミリでササラを追加します。


  1. 3Dで段裏が見えるようにビューを調整。
  2. [建築]タブ>[構築]パネル>[コンポーネント]>[インプレイスを作成]
  3. [ファミリカテゴリとパラメータ]で[階段]を選択しOK。
  4. 適切な名前を設定。
  5. [フォーム]>[スイープ]
  6. [修正|スイープ]タブ>[スイープ]パネル>[パスを選択]
  7. ササラの下端をクリックして選択し、長さを調整する。
    2FL-3FL階段の下端をクリック
  8. ロードしたプロファイルを選択し、オプションバーで角度を調整
    ササラと同じプロファイルを使用する。
  9. [モード]パネル>[✔]
  10. プロパティウィンドウで次の操作を行う
    • マテリアルをササラと同じマテリアルに設定。
    • サブカテゴリを[側桁]に設定
  11. 同様に内側のササラを追加。
  12. [インプレイスエディタ]パネル>[モデルを終了]
追加したササラ

全体でみると


こうした納まりが苦しい階段は、Revitとしては「どのようにモデリングしていいのかわかりません。」というところでしょう。
インプレイスファミリはあまり使いたくはありませんが、階段のカテゴリでファミリが作成できるのはインプレイスのみです。

2018年9月30日日曜日

踊場の蹴上

スケッチで階段を作成する

コンポーネント階段では踊り場に蹴上を作成することはできませんが、スケッチの機能を使えば可能です。数バージョン前まではスケッチ式が基本だったのですが、今ではコンポーネント式に置き換えられてしまったので、あまり使っていない人もいるかもしれませんね。
踊場に蹴上を作成するには?

階段の作成


  1. プロジェクトを新規作成します。ここでは「建築テンプレート」を使った例を示します。
  2. [建築]タブ>[階段]パネル>[階段]
  3. プロパティウィンドゥで[現場打ち階段:コンクリート]を選択。
  4. プロパティウィンドゥで[蹴上数]を20にし、[適用]。[現在の蹴上寸法]の値を確認。
  5. 任意の点をクリックし、9段作成してクリック。
    9段作成
  6. [修正]を選択し、作成した階段経路を選択し、[ツール]パネル>[変換]。警告が表示されるが[閉じる]。
    コンポーネントからスケッチに変換する
  7. [ツール]パネル>[スケッチを編集]
  8. [描画]パネル>[蹴上]を選択し、コーナーから100mm離して45度で蹴上線(10段め)を描画。
  9. [修正]パネル>[複数要素をトリム/延長]で、作成した斜めの蹴上線を選択し、境界線(緑)と階段パス(青)を延長。
    境界線と階段経路を延長
  10. [描画]パネルの[境界][蹴上][経路]を使って、下の図のように11段目の蹴上線を作成する。
    境界・蹴上・経路の順で書くとうまくいきますよ。
  11. [モード]パネル>[✔(編集モードを終了)]
  12. [コンポーネント]パネル>[踏み面]を選択し、残りの階段経路を作成。
    残りの経路を作成
  13. [モード]パネル>[✔(編集モードを終了)]
3Dビューで確認すると下の図のようになります。
踊り場に蹴上を作成

手摺は?

手摺を表示すると下の図のようになっています。これは青で示す部分が階段経路なので、その部分の最上段と最下段を結ぼうとするのでこのような結果になっています。
青い部分は「階段経路」

改善するには手摺の経路を適切な位置で切断します。
  1. 手摺を選択し、[モード]パネル>[パスを編集]
  2. [修正]パネル>[要素を分割]で、手摺を分割。
    手摺のスケッチラインを分割する
  3. 切断した右側の部分を選択し、オプションバーの[勾配]で「水平」を選択。
    セグメントの勾配を設定
  4. [モード]パネル>[✔(編集モードを終了)]
3Dビューで確認します。
改善された手摺



踊り場の調整

上記手段と同様の方法で、斜めの蹴上なしで踊り場に1段だけ蹴上を作成してみます。
スケッチは下の図のようになります。
踊り場に1段だけ蹴上がある

これを3Dビューで確認すると、踊り場と経路の取り合いがちょっと変です。Revitにしてみれば「どうモデリングすればいいのかわかりません。」といったところでしょう。
階段経路と踊り場がちょっと変ですね・・・

踊り場の厚さを変更して調整してみましょう。

  1. 階段を選択し、[タイプ編集]>[階段経路のタイプ]の[...]をクリック。
  2. [構造の奥行]の値を記録(ここでは150mm)し、[キャンセル]
  3. [踊り場のタイプ]の[...]をクリック。
  4. [複製]で任意の名前を設定。
  5. [一体式階段の厚さ]に「構造の奥行+蹴上の高さ」の値を設定。たとえば、高さが3500で20段だとすると「=150+3500/20」と入力すればよい。
  6. [OK]を2回
以上の手順で下の図のような階段になります。
踊り場の厚さを変更


これらの複雑な階段になると、手摺にしても階段にしてもどう納めるのかはもっと慎重な検討が必要になります。
Revitでモデルがおかしい、と思ったらそこは検討を要する場所なのです。

2018年9月24日月曜日

スラブのレベルごとに色分けする

パラメータの値で色分けするには?

躯体図や構造伏図でスラブをレベルごとに色分けできるとわかりやすいのですが、その方法としてはフィルタを使う方法があります。しかしながら、「レベル高さからのオフセット(2018)」の値を指定しなくてはいけないので、新しい値が発生するたびにフィルタを追加する必要があります。
ダイナモを使って、ダイナミックに色を更新してみましょう。
床のパラメータの値で色分けするには?

Dynamo:現在のビューに表示されている床を選択する




  1. [Revit]>[Views]>[View]>[All Elements In Active View]①
  2. [List]>[Modify]>[RemoveIfNot]②を追加し、①のelementsとlistを接続。
  3. [Input]>[Basic]>[String]を追加し、「Floor」と設定し、②のtypeに接続。
これで現在のビューに表示されている床をすべて選択できました。

Dynamo:パラメータの値を取り出す


  1. [Revit]>[Element]>[GetParameterValueByName]③を追加し、②のVar[]..[]とelementを接続。
  2. [Input]>[Basic]>[String]を追加し、「レベルからの高さオフセット」と設定し、③のparameterNameと接続。
パラメータの名前は各バージョンで異なりますので、床を選択してパラメータの名称を確認してください。

Dynamo:色範囲を設定する

取得した値を色に割り当てます。そのために割り当てる「色の範囲」を決めます。今回は一番低い値を赤、一番高い値を青色としてそのグラデーションを使ってパラメータの値を表現してみましょう。

  1. [Input]>[Basic]>[Number]①を二つ追加し、それぞれ「0」と[255]を入力。
  2. [Display]>[Color]>[ByARGB]②をつ追加。
  3. ①の255を②のrと接続し、g、bを①の0のノードと接続。これが赤です。
  4. [Display]>[Color]>[ByARGB]をもう一つ追加。
  5. bに255のノードを、他を0のノードと接続。これが青です。
  6. [List]>[Generate]>[List Create]を追加し、[+]をクリックしてItem1を追加。
  7. item0に赤、item1に青を接続
  8. [Display]>[Color Range]>[Color Range]を追加し、List Createのlistをcolorsに追加。
カラーが左から右に向かって赤から青へ色が変化していることを確認してください。エラーになりますが気にしないでください。

Dynamo:パラメータの値を0~1に再割り当てする


Color Rangeのvalueは0~1の値しか受け付けないので、取得したパラメータの値を0から1の値に再割り当てする必要があります。

  1. [Math]>[RemapRange]を追加し[Element.GetParameterValueByName]のvar[]..[]とnumberを接続。
  2. Input]>[Basic]>[Number]を二つ追加し、それぞれ「0」と[1]を入力。
  3. [RemapRang]のnewMinに0、newMaxに1を接続。
これで、パラメータの値が、0~1の値に再割り当てされます。

Dynamo:要素の色付け

現在のビューで要素を色付けしてみます。

  1. [Math.RemapRange]のlistを[Color Range]のvalue に接続。
  2. [Revit]>[Elements]>[Element]>[OverrideColorInView]を追加し、[Color Range]のcolorをcolorに接続。
  3. [List.RemoveIfNot]のvar[]..[]をelementに接続。
以上で、現在のビューにある床をレベルごとに色分けすることができました。

試しに、床の「レベルからのオフセット」の値を変更してみると・・・

色が自動的に再割り当てされることがわかります。これはもちろん3Dビュー(隠線処理・シェーディング・べた塗りのみ)でも有効です。

こちらのグラフを参考にしていろいろと試してみてください。